酒とパソコンと音楽の日々

酒とパソコンと音楽の日々

単なる日記。そして時には連絡帳。

スマホファミリー割

僕が持っているのはソフトバンクのiPhone5だが、

ほとんど通話しなくても8千円ぐらい、

ちょっと通話すると1万円ぐらい料金を払っている。

機種代金はとっくに払い終わってるのにこの料金。

ソフトバンクになる以前からずっと使い続けてきたキャリアなので愛着もあるが、

あまりにも料金が高いのでそろそろ格安スマホに移ろうかと考えている。

それで先月(7月)にいったいどれくらいパケット通信量を使ったのか毎日のようにチェックしてきたのだが、

7月はトータルで2.7GBだった。

これだと格安スマホ会社の3GBプランで十分。

どの会社でもこのプランなら2千円以下だ。

そこで乗り換える気満々でネットであちこち調べていたら、

ソフトバンクについて気になることが書いてあった。

ソフトバンクでiPhone(スマホ)を持っている人は気をつけた方がいいと。

iPhoneを機種変する時に今まで使っていたiPhoneを

「使用しなければ2年間はお金はかかりませんから」と店員に勧められて

予備に持たされている人がいるはずだ。

それを『スマホファミリー割』と呼ぶ。

実はこれがソフトバンクの契約の落とし穴で、

結局2台iPhone(スマホ)を契約させられていることになるのだ。

お金がかからないなら別にいいのでは?と思われる人もいるだろうが、

実はこの『スマホファミリー割』というのは2年縛りの契約なのである。

だから更新月に解約しないと解除料金がかかる。

この状態でメインのスマホを解約すると、その時点から予備のスマホが復活して料金が発生するし、

ソフトバンクを解約して他の会社へ移ろうと思っている人は

2台分の解除料金を払わなければならないという2重縛りになっている。

 

それを知って僕も考えてみたが、今のiPhoneを機種変する時に

確かに店員にそう言われたような気がする・・・

ということで157(ソフトバンクカスタマーセンター)に電話して

『スマホファミリー割』を契約しているかどうか確かめたが、やはり契約していた。

そこでそれを解約すると解除料金がかかるかどうか尋ねると、

157のお姉さんは「かかりません」と答えてくれた。

そこで僕は近所のソフトバンクショップに乗り込んだ。

そして『スマホファミリー割』を解約したいと申し込むと、

すぐに契約内容を調べてくれたが、

僕の『スマホファミリー割』の更新月は2017年の4月なので、

今解約すると12000円の解除料金がかかると言われた。

こう言われることは想定内だった。

だって157のお姉さんとショップの店員が違うことを言うのはよくあることだから。

そこで157に再び電話して確認してもらうことになった。

157以外の所にも電話したのでちょっと時間はかかったが、

結局157のお姉さんの言う方が正しかった。

僕は解除料金なしで『スマホファミリー割』を解約できたのだった。

 

なぜ僕が解除料金なしで解約できたのかはっきりとした理由は分からないのだが、

僕なりに考えてみると、おそらくそれを契約した時のホワイトプランのせいではなかったか?

実はホワイトプランにはいくつか種類があって、

2010年4月26日以前にホワイトプランを申し込んだ場合、解除料金はかからないのだ。

僕が一番最初にホワイトプランに入ったのは2010年4月26日以前だった(たぶん2010年2月くらい)

だから本来僕は解除料金がかからないはずだったのに

iPhone5に機種変した時にホワイトプランRという2年縛りの契約に変更された。

だが『スマホファミリー割』の方は以前のホワイトプランをそのまま受け継いでいたので

解除料金がかからなかったのではないだろうか。

 

とにかくこれで僕は一台分の解除料金だけで他の会社に移ることが可能になったわけだ。

次に飲み会で会った時には、僕はiPhone以外のスマホを持っているかも知れません。