酒とパソコンと音楽の日々

酒とパソコンと音楽の日々

単なる日記。そして時には連絡帳。

iPhoneの絵文字

昨日アップルが iOS8.3 をリリースした。

実はその前日に僕は自分の iPhone5 を iOS8.2 にバージョンアップしたばかりだったので、

何というタイミングの悪さ!と思ったのだが、いつまでもグズグズしてバージョンアップしなかった自分が悪いので、

今回はさっさと8.3にアップすることにした。

 

ということで8.3だが、いろんな変更点やバグの修正はあるだろうが、それは他の機会に譲るとして、

今回取り上げるのは「絵文字」だ。

iPhone には絵文字が標準で装備されているが、これが8.3で大幅に拡張されている。

選べる絵文字の数が増えているだけではなく、人種やマイノリティに配慮した絵文字が今回新しくできた。

 

たとえばカップルや家族を表す絵文字。

f:id:razokutx2eed5d:20150410120836p:plain

 

子どもをいれた「家族」の絵文字の種類が増えている。

女性のカップルに子ども、男性カップルに子どもという「家族」。

 

さらには、恋愛を表す絵文字に女性同士、男性同士が加わっている。

f:id:razokutx2eed5d:20150410120838p:plain

 

それに一部の絵文字で肌の色を選べるようになっている。

f:id:razokutx2eed5d:20150410120835p:plain

f:id:razokutx2eed5d:20150410124621p:plain

 

こういった肌の違いとか、セクシュアリティの違いに細かい配慮があるのは、

さすがCEO(最高経営責任者)のティム・クックがゲイであるとカミング・アウトした企業だけある。

 

さて僕が愛用している「iPhone5」だが、機種変更してからとっくに2年が経過しているので、

今年の秋に発売されるであろう新型iPhoneが気になることろではある。

順番からいくと「iPhone6s」という名称になるはずだが、今回は機能的な変化が大きいので

マイナーチェンジの「6s」ではなくて「iPhone7」になるのではないかという噂がある。

その大きな変化とは「Force Touch」機能。

これはディスプレイに対する指の密着面積で押す強さを感知する仕組みとか。

何やら分かったようで分からない機能なのだが、

これをアップルがどういうふうにiPhoneに取り入れるのか、お手並み拝見ですな。