酒とパソコンと音楽の日々

酒とパソコンと音楽の日々

単なる日記。そして時には連絡帳。

気になる気になる・・・星野源

僕は星野源。

星空の「星」に野原の「野」、はだしの「源」て書くんだ。

言っとくけどAV男優じゃないよ。

これでもちゃんとした俳優、ミュージシャン、文筆家なんだから。

 

ということで、気になる男「星野源」である。

彼はもうすでに有名なので紹介はしないが、

彼の魅力とはいったい何だろう?

特別男前でもないし、可愛くもない。

女性の中には可愛いと思われる方もいるかも知れないが、

男が可愛いと表現されて許されるのは20代までだ。

ライブを観るとそんなに歌が上手いというわけでもない。

しかし彼が多くの人から愛され続けているのは間違いないのである。

 

彼は若い頃から大人計画事務所所属なので、時々大人計画の舞台には立っていた。

その過去の舞台をテレビで観る機会があったが、

なぜか源ちゃんは全裸でギターを弾きながら歌を歌っていた。

もちろん肌色のおパンツは履いていたとは思うが。

その時僕は無性に源ちゃんのケツが見たくなって、後ろを向けと念じていたのだが

その想い通りに源ちゃんは歌いながらクルっと一回転してくれた。

が、なんとその時にテレビカメラは源ちゃんの上半身しか映してなかったのだ。

なんということ!このアホ・バカ・マヌケ!

僕はそう心の中で悪態をついたのであった。

ライブの時のムービーの中で、映画(地獄でなぜ悪い)で源ちゃんと共演した

友近が出てきて、源ちゃん主演の映画を見たら、

源ちゃんが〇〇さんと〇〇〇する時に裸になってその裸がすっかり大人で…

と言っていたので、その裸見たさに近々その映画(箱入り息子の恋)を

レンタルしようかと真剣に考えている。

女性の皆さんは「何言ってんだ、こいつ?」と思われているかも知れませんが、

男というものは中学生のガキの頃から天寿を全うするまで

「エロ」を活力として生きているのでありますよ。

 

さあて、この辺でそろそろ源ちゃんの歌を紹介したいのだが、

やはり2013年の「地獄でなぜ悪い」にしようと思う。

昨年発売された「Crazy Crazy」でも良かったのだが、

曲自体が「地獄でなぜ悪い」の方が好きだし、

源ちゃんにもこの曲にはいろいろ思い入れがあるだろうと思うからだ。

「地獄でなぜ悪い」は同名映画の主題歌として書かれた。

源ちゃんもこの映画に重要な役で出演していたのだが、

映画自体は2012年に撮影された。

その年の12月に源ちゃんはクモ膜下出血で入院、

翌年2月には復帰したものの、6月の検査入院で再発の恐れがあることが判明して

再び活動を休止。目前に迫っていた武道館ライブも延期せざるを得なかった。

この曲の歌詞はその検査入院している時に書かれた。

その直後にまた「地獄」の日々が待っているとも知らずに。

僕は彼にとっては命の危険が差し迫っていることよりも、

アーティストとして表現する場所を失い、

ずっと病院のベッドで寝ていることの方が「地獄」だったのではないかと想像する。

 

 


星野 源 - 地獄でなぜ悪い 【MUSIC VIDEO & 特典DVD予告編】 - YouTube

 

このMVを見ると分かるが、

このシングルには初回特典盤として「楽しい地獄だより」のDVDが付いている。

定価は1,785円だが、現在アマゾンではなんと3,950円で売られているのだ。

うーん、欲しいのに手が出ない・・・

 

そんな地獄を乗り越え、星野源は再び復活した。

昨年2月に源ちゃんファンも、そして彼自身も待ちに待った武道館ライブが行われた。

いきなり若い女性看護師二人に抱えられた源ちゃんが登場。

そして看護師が退場する時に源ちゃんは屈んで白衣の中を覗こうとする。

オープニングの曲が終わったあとに源ちゃんはこう叫ぶ。

 

「ただいま〇〇ー!」

 

源ちゃんのように気取らず下ネタを堂々と言えるアーティストは男からも人気がある。

なぜならエロは男が追求する共通のテーマだからだ。

彼のマルチな才能、気取らず真摯な態度、誰からも愛される人柄、

これら全てが星野源の魅力。どれが欠けても星野源にはならない。

 

最後にお願い。どうか僕に生ケツを見せてー!