酒とパソコンと音楽の日々

酒とパソコンと音楽の日々

単なる日記。そして時には連絡帳。

ハイレゾへの道は果たして近いのか?遠いのか?

ハイレゾ(ハイレゾルーション)って何ですか?と思われる方も

たくさんいらっしゃると思うが、

その説明はウィキペディアに丸投げすることにして話を先に進めることにする。

ハイレゾリューションオーディオ - Wikipedia

 

先日の記事にも書いたように、Media Go ではハイレゾ音源の再生が可能だ。

ただし、そのまま再生してパソコンのスピーカーから流れる音が

ハイレゾの音かと言われたらちょっと違う。

本当のハイレゾ音源の音を聴こうと思うと、

最低でも192kHz 24bit のデジタル信号を処理できるポータブルアンプと、

ハイレゾに対応したオーディオ機器が必要となる。

こう書くと大変敷居が高いように感じるが、

一番てっとり早くハイレゾの音を聴く方法は、

ハイレゾ対応ポータブルオーディオ(例としてはウォークマン)に

ハイレゾ音源を転送して、ハイレゾ対応ヘッドフォン

もしくはイヤフォンで聴くという方法だ。

毎日音楽を聴きながら通勤や通学する人ならこれが最善の方法だろうが、

一日中家にいて仕事をしている僕としては

やはりパソコンから直接ハイレゾを聴きたい。

そこでいろいろ悩んだ末に僕が選んだ方法は

ソニーが発売しているヘッドフォン「MDR-1ADAC」を買うことだった。

このヘッドフォンの偉いところはデジタルアンプを内蔵していることだ。

つまり先ほど書いた「デジタル信号を処理できるポータブルアンプと、

ハイレゾに対応したオーディオ機器」が一つになっているヘッドフォンなのである。

このヘッドフォン一つあれば手軽にハイレゾ音源が聴ける。

 

パソコンからハイレゾ再生するには、

まずソニーのサイトから ドライバーをダウンロードして

パソコンにインストールしたら、 付属のUSBケーブルで

ヘッドフォンとパソコンを繋ぐだけ。

このヘッドフォンの音だが、フラットに音が鳴っていて解像度が良く、

とてもスッキリした音だと思う。

高音を強調した音作りではないので、ボリュームを上げても煩くならない。

次回はいよいよハイレゾ音源を聴いた感想です。