酒とパソコンと音楽の日々

酒とパソコンと音楽の日々

単なる日記。そして時には連絡帳。

名刺

明日は昨年亡くなった父親の法事だ。
早いものでもう一年が経つ。
本当なら22日に法事をするはずだったのだが、
22日は某グループの日本ツアーのオーラスと重なるのが分かっていたので、
僕が半分強制的に15日に移動させたという…

それで明日のために東京から妹夫婦が我が家に帰ってきたのだが、
妹が仏壇の前に座って線香をあげるのを少し離れたところで見てた。

「お父ちゃん、帰ってきたで」

妹がそう仏壇に向かって話しかけた瞬間、何か温かい気配を感じて涙が溢れそうになった。
そして僕はすぐにわかったのだ、ああ、親父の奴、喜んでやがると。
僕がお供え物を持って行っても何の反応もしないくせに。
そう心の中で悪態をつきながら僕はその場を離れた。

法事が終わると、母親は妹たちとしばらく東京に行ってしまうので、
僕は相性が悪いトリトンの世話をしなければならない。
妹が言うには、トリトンはもう15歳らしい。
猫の15歳というと人間では何歳になるのだろう?

来週からいよいよ京セラドームでのライブが始まる。
でもちょっとブルーな気分だ。
だって始まってしまうと、後はもうツアーが終わるだけ。
せっかく2人に逢えたと思ったら、もうすぐに終わって母国へ帰ってしまうのだ。
そんなの寂しいよ…この日をどれだけ待ったと思ってるんだ…
まあ、こんなやさぐれた気持ちはともかく、
京セラでは何人かの人と会う約束をしているので、せめて名刺ぐらいは渡そうと思って
数日前から名刺作りを始めている。
が、こういうのを作っていると自分のセンスの無さにうんざりする。
試行錯誤を重ねてようやく印刷までこぎつけたのだが、
印刷した名刺をよく見るとどうも微妙にズレている。
これがカラリオ君の仕業か、僕の用紙のセッティングが悪かったのかは不明だが、
僕のカラリオ君は名刺印刷が不得手だということは間違いなさそう。
とにかく今更印刷しなすのも時間もお金もかかるので(インクも切れかけているし)
ズレがましなものだけを集めてそれを京セラで配ろうかと思う。
おかげで向かって左側にいる人が印刷された名刺は半分ぐらいがボツになった…
それがどんな名刺か見たい人は京セラで僕を見つけて声をかけてください。
お待ちしてます!